色楽雪音 〜ゆきねの日記〜

広島で在宅Web仕事しながら日々の徒然を書いていたけど、2013年夏にアラフォーで初出産、以降育児日記中心に。2014年秋からパートでWeb屋の仕事に復帰。

ソーシャルメディアの恩恵

2011年10月に広島市に引っ越してきて、まだあんまりこちらに知り合いがいない。

在宅でちょこっと仕事してて、あとは気ままにヨガに通ったり市内を自転車で散策したりの毎日。
それまでの東京時代は会社員でフルタイムで仕事してて残業三昧、休日は趣味の集まり(バンドやセッション)に参加したり友達とごはん食べたり、なんだかんだで忙しくしてた。

今、自分の時間がたっぷりあることを満喫しているのだけど、ときどきふっと思う。
「あれ、今日もダンナ以外の誰とも口きいてない」

自分が社交的かどうかはともかくとして、平日の昼間に誰とも接点を持たずに過ごすのはあまり好きじゃない。
でも孤独感があんまりないのは、ソーシャルメディアのおかげ。
使っているのはTwitterFacebookmixiGoogle+、LinkedIn、アカウントがあるだけのものはもっとたくさんで、主に毎日使うのはTwitterFacebook


東京の友達と別れるときに「つづきはFacebookで」なんて言ってたけど、実際これがあるおかげで繋がってる人たちは身近に感じるしリアルタイムに近いやりとりもできる。そして11月にあった誕生日に、たくさんのお祝いコメントが寄せられたのも嬉しかった。お節介なくらい友達の誕生日をリマインドするFacebookの機能のおかげだと思うけど、それでもリアル友達がいない世界でこういうのはけっこう心に響くというもの。

Facebook以外のソーシャルメディアは実名を入れてないので個人的な繋がりはそれほどない。実名で顔もさらすことに抵抗あったし今でも少しあるけど、それよりもリアル人間関係をそのまま(ある程度)Facebook上に持ち込めるということ、これは私のような退職組や転職組にはすごい宝だと思う。