色楽雪音 〜ゆきねの日記〜

広島で在宅Web仕事しながら日々の徒然を書いていたけど、2013年夏にアラフォーで初出産、以降育児日記中心に。2014年秋からパートでWeb屋の仕事に復帰。

テキストエディットで文字数カウント

MacOSに標準でついてるエディタのテキストエディット、ちょっと書き付けておくときとかによく使うけど、気のきいた機能がないので困ることがある。

1つは、文字数カウントができないこと。

何かデータベースと連動したサービスに情報登録するときは大抵文字数制限がある。
こんな風に。↓

この某サービスの場合、文字数制限あっても記入中は何も警告がでないので、確認画面に行ってエラーがでる。しかもそのエラーでは何文字オーバーかを教えてくれなかったりする。

最初からWord for Macとかmiとか使えばいいんだけど、途中からそのためにアプリを立ち上げるのもなーというとき。調べてみると、アップルスクリプトでできることがわかった。
初めてアップルスクリプト使ったよ。

手順はこちら。(Mac Fan.jpより引用)

1.[アプリケーション]→[ユーティリティ]→[AppleScript エディタ]を開き、以下の文字列をスクリプトウインドウにコピーする。

        • -

tell application "TextEdit"
set word_count to count words of document 1
set char_count to count characters of document 1
set show_words to (word_count as string) & " 語 (" & (char_count as string) & " 文字です)"
set dialog_title to "TextEdit Word Count"
display dialog show_words with icon 1 with title dialog_title buttons {"Ok"} default button "Ok"
end tell

        • -

2.[/ライブラリ/Scripts/]に[TextEdit]というフォルダを作り[ファイル]→[保存]でスクリプトを[Word Count]というファイル名で保存する。

3.AppleScriptエディタの[環境設定]の[一般]タブの部分で[メニューバーにスクリプトメニューを表示]にチェックを入れる。
これで、メニューバーにアップルスクリプトが表示される。

4.適当なテキストファイルをテキストエディットで開き、メニューバーに登録されたスクリプトメニューから[TextEdit]→[Word Count]を実行する。
これで、単語数と文字数が表示される。

1クリックと2フリックでカウントできちゃうので便利。