読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

色楽雪音 〜ゆきねの日記〜

広島で在宅Web仕事しながら日々の徒然を書いていたけど、2013年夏にアラフォーで初出産、以降育児日記中心に。2014年秋からパートでWeb屋の仕事に復帰。

あけまして

2013年になりました。あけましておめでとうございます。

このお正月休み、帰省も遠出もせず、家で大人しく過ごしてた。
テレビは紅白と箱根駅伝と、録画したアイアンシェフと、合間にバラエティーなど見てたけどどうも飽きるのでDVDを何本か借りて見たりしてた。一時期話題になってた映画「告白」を初めて観たけど、正月早々すごいものを観たという気分。松たか子の澄まし顔で恐ろしい復讐を遂げていく演技すごいな。

あとは本をいくつか読んだ。Kindleはまだ本の種類は少ないものの、通常よりかなり安くなってるものも多くてお得。iPad miniで最近読んだのは以下。(まだ途中)

ウェブで政治を動かす!

ウェブで政治を動かす!

昨年12月の衆議院選挙はネットや若い世代の声がほとんど届いてない結果になったけれども、Webで政治を動かしたり影響を与えることの難しさがこれを読むとわかる。

ちょっと前に出た本だけどマーケティングに携わる人は読んでおくべき内容。4大マスメディアが廃れていく先にはどういう広告が有効になるのか。

アプリで読むのも悪くないけどやっぱり普通の本のほうがまだ読みやすい。
で、最近買った本がこれ。

団地に住もう! 東京R不動産

団地に住もう! 東京R不動産

最近話題のリノベーションとかの事例がいくつか載ってるのと、あとは団地というものの良さを改めて見直したもの。団地ならではの緑豊かな環境やコミュニティなど、子育て世代にはいいのかもしれないと思った。

あと最近、高知県の歴史に興味を持っていて司馬遼太郎の以下など読みあさっている。

功名が辻〈1〉 (文春文庫)

功名が辻〈1〉 (文春文庫)


夏草の賦 [新装版] 上 (文春文庫)

夏草の賦 [新装版] 上 (文春文庫)


戦国時代の上方では海の向こうの辺境も辺境、鬼の国と思われていた土佐。日本の中心からは遠いものの、当時の英国人が作成した地図では土佐は外洋に面してるので日本の玄関口のように描かれている、というのがおもしろい。見る視点、立場によって、見え方は全然異なるということ。例えば現在の尖閣諸島竹島なんかも、日本から見るのと中国韓国から見るのとでは違うのかもしれない。

本の細かいレビューは読破後にどこかに載せる、かもしれません。