色楽雪音 〜ゆきねの日記〜

広島で在宅Web仕事しながら日々の徒然を書いていたけど、2013年夏にアラフォーで初出産、以降育児日記中心に。2014年秋からパートでWeb屋の仕事に復帰。

新幹線で里帰り

7月上旬に娘ちゃんを連れて広島から千葉に里帰りした。
今回は往復新幹線を利用。広島から東京まで約4時間。
しかし最初からトラブルが…。
この日の広島は朝から警報が出るくらいの大雨。もともと荷物も多いし出発時はまだ朝のラッシュの時間帯でもあるので広島駅までタクシーで行くつもりだった。しかし、大雨でタクシーは多忙、全ての車が出払っていて迎えまで30分以上かかると。何カ所かに電話しても同じだったので、意を決して通りに出て空車のタクシーを捕まえた。バケツをひっくり返したような雨の中、ベビーカーの娘と荷物を開店前のお店の軒下に置いておいて、歩道で手を挙げてたのは10分くらいか。いざタクシーを拾って乗り込んでも道路が混んでたので、結局予約していた新幹線に間に合わず。東京行きの新幹線は30分に1本出てるけど、余裕をもって2本後の新幹線に変更した。チケット買うだけならエクスプレスの券売機でできるけど、座席も指定したかったからチケット買ったあと窓口に並んで座席を指定。もともとIC早特で6000円ほど安いチケット予約してたけどその割引分がなくなって正規運賃になり、差額分を損してしまった。
f:id:myusha128:20140722234856j:plain
↑新幹線の多目的室座席から外を見る娘ちゃん。
赤ちゃん連れで新幹線に乗る極意をいろいろ調べた結果、のぞみの場合は授乳などができる多目的室に近い11号車、しかもベビーカーを畳んで置けるスペースがある一番後ろに近い座席がよいとのことで、その通路側の席を予約してた。今回もその条件で空きがあったのでその座席に。
でも基本膝の上なので、寝てるとき以外はあんまりじっとしてないんだよね。授乳と離乳食タイムは多目的室を使ったけど、ずっとそこにもいられないので、それ以外で落ち着き内ときは抱っこでデッキに。しかし広島から姫路あたりまではトンネルが多く、すぐ真っ暗になってしまうので外を眺めるのもおもしろくない。仕方なく席に戻って、この日のためにまだ娘には見せないでいたおもちゃや絵本を出して気を引くけど、すぐ飽きておもちゃ投げ出す(投げるという遊びをする)。私のお茶のペットボトルが気に入ったようなのでそれを持たせてたら、蓋がゆるんでたのかいつの間にか空いててお茶をこぼし、私の服と座席と床がびしょ濡れに。乗務員を呼んで床を掃除してもらい、座席は速やかに交換してもらった。私の服は、時間が経ったら自然に乾いた。娘の着替えは用意してたけどさすがに自分の分まではなかったからね。
 
そんなこんなでけっこう大変な旅だった。
実家では、娘ちゃんがハイハイで動き回るのに部屋は危険なものだらけなのでベビーサークルをレンタル。しかし中で楽しそうに遊ぶのは私も一緒に中に入っているときだけ。そのうち同居の姪っ子達(6歳と3歳)が「おうちみたーい!」と喜んでサークルの中がすし詰め状態に。

f:id:myusha128:20140722234909j:plain

でも結局私が近くにいないとすぐ泣くので、私がトイレとか用があるときはじいじかばあばに抱っこしてもらうという状態で、手がかかった。とはいえここまで手がたくさんある状態って普段ないから気持ち的にはラクだった〜♪

 

姪っ子達は食事も娘ちゃんと一緒にとりたがって(基本は1階と2階で別なのだけど)、食卓はいつも賑やかに。そしてこのほうが娘ちゃんもよく食べるような気がした。 

f:id:myusha128:20140722234924j:plain

 
去年結婚した弟の世田谷の新居(なぜか一軒家)に遊びに行ったとき、階段が絨毯だったので登る練習させてみたら、あっさり上まで登っちゃった。初めての階段2階まで!

f:id:myusha128:20140722235008j:plain

 
一週間の実家滞在はあっという間だった。最初のうちは緊張からか、私が見えなくなるたびに泣いてた娘ちゃんも、最後の2日くらいは慣れてきてよくしゃべったり笑うようになってたし私がしばらくいなくても平気になってた。残念。でもそこでじじばばとお別れなんだよね−。
少し早い娘の誕生日祝いもやってもらったし、私も骨休めしたり懐かしい友達に会いに行ったりできたし、いろいろ大変なこともあったけど有意義な帰省でした。