色楽雪音 〜ゆきねの日記〜

広島で在宅Web仕事しながら日々の徒然を書いていたけど、2013年夏にアラフォーで初出産、以降育児日記中心に。2017年春に旦那の転勤で福岡に移住し、相変わらずパートでゆるゆるワーママ的生活をしている。

キャナルシティにできたハムリーズ

ご無沙汰してます。

今年に入って何も更新しないうちにもう3月になってました。

実は今年から新しくチャレンジしていることがあって、ただでさえ自分の時間が少ないのにさらにこのブログが二の次になってしまっていたのだけど、それについては後日、というか心の準備ができたらここでも公開しようと思う。

 

今日は昨年末くらいに日本初上陸で横浜と福岡でオープンしたハムリーズについて。

無料で子供が遊べそうなエリアと聞いたら行かないわけには行かない。

f:id:myusha128:20190207122259j:image

イギリス発祥のおもちゃ屋で、日本ではナムコが協賛?してるから、ゲームエリアが充実してるけどとにかく広い、ちょっとしたテーマパークのよう。

遊園地のようにメリーゴーランドがあったり、乗れるポニーのおもちゃがあったり。おもちゃ自体も試せるコーナーが多いので娘は初めて入って早速アンパンマンタブレット型ゲームに夢中になってた。
f:id:myusha128:20190207122306j:image

あと普通のおもちゃ屋と明らかに違うのは、赤いシャツのスタッフの人達がディズニーランドのキャストのようなノリで挨拶してくれたり玩具のデモンストレーションしたり一緒に遊んでくれたり、時々歌って踊りながらパレードみたいに店内を回遊してたりする。子供が主役の楽しい空間を演出してくれててなかなかいい。しっかり教育してるんだろうな(私自身もディズニーのキャスト経験者)。


f:id:myusha128:20190207122311j:image

アート&クラフトのコーナーではプニプニの風船アートのようなものを作って見せてくれてた。ここで実際に触れたり体験したりできるみたい。ここでのスタッフさんも見事に子供たちを惹きつけてた。

そして奥に有料ゾーンもあり、色々な巨大遊具で遊べるエリアが時間制で課金される。今風のデジタルな仕掛けも多くてそこは本当に子供が夢中になるけど、あくまで奥の手。ハムリーズ自体は無料エリアだけでも十分親子で楽しめる。

キャナルシティ博多は時々買い物に行くところだけどキッズスペースがなかったので、パパに娘を託しながらじっくり買い物に集中できるようになって大歓迎。

 

おもちゃ屋という業態は、米国のトイザらスが倒産したようにネットに押されて先細りが見えてるけど、こういう形なら人が集まるから生き残れるんじゃないかというのがパパの意見。私はどうかなと思ってるけど。集客力と売り上げが比例するのかどうか、スタッフの人件費もかかりそうだし厳しいものもあるんじゃないかな。なるべく長く続いて欲しいけどね。

5歳児とディズニーシー

もう3週間くらい前になるけど、千葉の実家に帰った時にディズニーシーへ行ってきた。チケットが来年から値上がりするのでその前に行っておこうと。
娘はディズニーランドは2回行ってるけどシーは初めて。

 

前回は2年前のディズニーランドで、ベビーカーを借りたのだった。(2年前の記事はこちら)

たくさん歩き回る上に待ち時間が多い所に幼児を連れて行くのは大変なので(さすがに5歳はもうベビーカー卒業だし)、今回はばぁばを誘って女3世代で平日に行った。いつもはばぁばを誘っても暑いからとか寒いからとか言って断られるけど、今回は気候がよかったしたまには孫と楽しもうという気になってくれたのかな。大人複数いないと色々しんどいので付き合ってくれて感謝してる。

 

チケットはオンラインの前売りで買って、前日までにアプリをインストールして色々計画を立てた。朝イチ(9時)で入ってファストパスゲットして目玉アトラクションを色々回るのは幼児と老人連れてると大変だし滅多に行けない所なので欲張るよりはのんびり雰囲気を楽しめればいいやと思い、絶対に見るもの2つ目標を定めて、あとはその時の流れで見ていくことにした。

絶対に見るもの。

1つはアリエルの好きな娘のためにマーメイドラグーンのアリエルのショーとプレイグラウンド。もう1つは自分のためにビッグバンドビートのショー。当日は雨予報で天気がいまひとつだったけど両方とも室内で天気の心配はなし。

園内に入ったら色々見つつ、キャラクターグリーティングに近づいて撮影にトライしつつ、アプリでショーの抽選に応募。幸いビッグバンドビート午後のショーに当選。あとはマーメイドラグーンに直接向かおうとしたけどちょうどメディレラニアンハーバーでTDR35周年を祝うセレブレーションショーがすぐ始まるとキャストが案内してくれたので、それを見ていくことにした。

f:id:myusha128:20181202000454j:image

待ち時間ゼロでよく見える場所に座れて、雨も止んでたのでゆっくり鑑賞できた。やはりディズニーは悪天候の平日に限る。

そしてその後はお目当てのアリエルへ。ファストパスとるつもりだったけどそれをするまでもなくそのまま入って間もなくショーを見れた。

実はもう1つ、できればニモ&フレンズのシーライダーというアトラクションを狙ってたので、ショーの後マーメイドラグーン内で遊んでる間に私だけ別行動してパークの反対側になるポートディスカバリーまで走ってファストパスとってこれればよかったのだけど、頑張るより娘と一緒に楽しみたい気持ちが強くて別行動はしなかった。

なのでお昼食べた後ポートディスカバリーについた時には、シーライダーのファストパスは夕方以降のしか取れない状態で、夕方までに帰るつもりでいたので諦めた。

午後、シアター内でビッグバンドビートのショー見てる時は娘疲れて爆睡。もったいないと思って何度も起こしたけど起きなかった。しょうがないね。慣れない場所で歩き回ったり並んだりすると幼児は疲れてしまう。
f:id:myusha128:20181202000448j:image

ちなみにこの日、娘は姪っ子のミニーちゃんの衣装と耳カチューシャを借りて身につけていった。現地に行って気づいたけど子供は仮装した方がいい。キャラクターに出会ったら大勢人が群がるから目立った方がいいし、キャストの人も何人も声かけてくれた。

弟の話によると、ハロウィン時期は大人も含めて本格的な仮装の人だらけで本物のプリンセスが通ってもわからないくらいになるのだとか。

 

午後3時からはお土産タイム。その場で買いきれなくてもアプリがあれば当日夜11時半まで専用サイトで注文できるので地方に帰る人は直接送れて便利みたい。私は夜ネット注文できる時間が取れるか自信なかったからその場で買ったけど。

お土産屋で娘はステラ・ルーを気に入ったのでキーホルダーを買ってあげた。ダッフィーの存在も知らなかった娘だけど、バレエを習ってるので同じような衣装を身につけた可愛いウサギに愛着が湧いたんだと思う。「捨テラレルーみたいだね」と名前も覚えやすいので良い。

f:id:myusha128:20181203150802j:image

今キーホルダーは幼稚園バッグにつけてるけど、福岡では当然誰も知らないのでこれ何?と聞かれる。ディズニーシーのダッフィーの友達と言うと、わかる人にはわかる。

 

本当はシーに夜までいたかったけど、夜は夜で実家で姪っ子達と一緒に食べる晩ご飯や一緒に遊ぶことを娘が楽しみにしてるので、夕方で切り上げた。乗り物系アトラクションは3つしか乗れず、クリスマスシーズン始まってるのにクリスマス系のショーは全然見なかったけど、目的は果たせたし十分楽しめたと思う。

アトラクションにたくさん乗らなくてもいろいろ楽しめる場所だからね。平日にのんびり回れてよかった。

親子でドームで日本シリーズ観戦

広島で5年半暮らす間に野球はカープを応援するようになった染まりやすい私。

 

福岡に来てもカープ応援は変わらなかったけど、カープセリーグで優勝し、そのあとホークスがパリーグで優勝した時に、理想的な展開になった!と喜び勇んで?ヤフオクドームの日本シリーズのチケットを買ってしまった。一般販売始まってすぐ売り切れるチケット、なんとか内野席2枚ゲットして、子供は膝上にして親子で見に行けるかなと思ってたけど、球場の席は4歳から有料。娘はもう5歳だし3人で行くのは厳しいかな、どうしようかと悩んだ。

 

一番いいのは娘を誰かに預けて夫婦で見に行くことだけど、夜で預け先がない。こういう時実家が近くて気軽に子供預けられるといいなーと思う。旦那は自分は行かなくてもいいと言うので誰か他に一緒に行ける人がいたらいいけど、知り合いはママばっかりだし誘える人もいない。諦めてチケット転売するか?と思ってたら娘と2人で行ってくれば?と。

けっこう無理があるとは思いつつ、娘と2人でドームへ行ってみた。案の定、娘はすぐ飽きて、周りの激しい歓声も怖がり、3イニングが限界。帰りが遅くなるのも色々面倒なので8時過ぎには球場を後にした。ものすごく勿体ないけど。

ナイターでもけっこう子供の姿を見たので野球好きな子はちゃんと見るんだろうね。

 

初めてのヤフオクドーム、雰囲気は十分楽しめたし、アウェーなのにカープファンだらけの空間にいられたことも楽しかった。来年は交流戦でファミリー席のチケットとりたいな。

f:id:myusha128:20181110225205j:image

 

 

子どもの教育について少しだけ考える

早くも秋真っ只中。一年で一番好きな季節になっている。

先週末は幼稚園の運動会が無事終了。去年娘が年少の時までは午前中で終わってたけど、今年年中からは午後まであるので初めての運動会弁当も作った。じいじが応援に来てくれたので4人でお弁当。娘のかけっこを見逃すというトラブル?もあったけど、後日娘と一緒に走った子のママに動画をもらって見ることができた。2位だから別にいいんだけどね。

f:id:myusha128:20181007120341j:plain

ピックででごまかしてる運動会のお弁当

 

さて今日は全然違う話。子どもの教育について思ったこと。

実はいま同じ福岡市内に旦那側の親戚がいて、甥っ子2人とよく会う機会がある。うちが福岡に引っ越してきた去年は上のお兄ちゃんが高3、下の弟が小6だった。うちの娘と少し歳が離れてはいたけど、小6のお兄ちゃんは面倒見がよくてみんなが集まる時は娘とよく遊んでくれた。複雑なブロックのゲームや野球盤、人生ゲームなどを幼稚園児の娘に教えてくれて、娘は全てが珍しくて嬉々として一緒に遊んでた。ピカピカ光るハンドスピナー(当時流行ってた)を貸してくれたりもした。高3のお兄ちゃんは受験生だったのでほとんど会うことはなかった。

今年の春、高3だったお兄ちゃんは第一志望の大学に現役合格。大学も市内なので自宅から通う大学生になった。みんなで合格祝いの食事会したり、うちの食事会に呼んだりして、お兄ちゃんと会う機会が増えた。文系なのでかなり時間の余裕があるらしく、バイトもサークル活動もやってはいるけど、自由を満喫してる。去年までと比べると表情は晴れ晴れして、対応も大人っぽくなった。

一方で中1になった弟君は部活の朝練夕練そのあとは塾、週末は部活の試合などで忙しく、会うといつも疲れてて眠そうにしてる。うちの食事会(ランチ)に来た時は部活の後で、食べたらすぐ昼寝して、夕方から塾に直行。当然小さい子の相手をする余裕はない。反抗期にも入っているのか、会話もほとんどしなくなった。

中1なんてまだ子どもだしもっとのびのび過ごせてもいいのになと思う。よその教育方針をとやかく言う筋合いないけど。大学生のお兄ちゃんは暇そうだけど、本来大学生のほうが勉強に時間をかけるべきじゃないかな。海外の大学生はめちゃくちゃ本を読むし勉強する。私もアメリカ留学で経験あるけど、分厚い教科書で予習復習を毎日何時間もこなさないと授業についていけないし議論に参加できない。もちろん留学生は言葉のハンデもあるからより必死にならないと落ちこぼれる。平日は遊んだりバイトする余裕なんてなかったと思う。ちなみに日本にいる間の大学生活は、サークルをすぐ辞めたのであとはバイト三昧、勉強したことなんて何も覚えてない。

 

まだこれからどういう教育させるかわからないけど、娘には好きなことはとことん取り組めるようにしてあげたいし、小さいうちはいろんなことにチャレンジさせてあげたい。学歴にはこだわらないけど、変化の早い過酷な世界を生き抜くための教養は身につけてほしいと思う。

bijodoku.com

f:id:myusha128:20181008131628j:plain

花畑園芸公園のアリスガーデンで写真とったら知らない男の子とおとぎの世界のようになった