読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

色楽雪音 〜ゆきねの日記〜

広島で在宅Web仕事しながら日々の徒然を書いていたけど、2013年夏にアラフォーで初出産、以降育児日記中心に。2014年秋からパートでWeb屋の仕事に復帰。

プラレールカーで憧れの直島へ

このところ仕事もろもろが忙しくて全然ブログにアクセスしてませんでした。
なのになぜかアクセスが増えていて…。
どんな人が見にきてるのか知らないけど放置しててごめんなさい。
というわけで慌てて、もう1ヶ月以上も前の話だけどGWに直島に行ったときの記録を書いてみます。
 
親子3人で1泊旅行。娘は1歳9ヶ月。
f:id:myusha128:20150611145704j:plain
広島から岡山までの新幹線はプラレールカーのあるこだまを予約してみた。1日1往復しかしてないこのこだま、先頭車輛以外は普通なんだけど先頭車輛がすごい!車輛全体がプラレールワールドでオモチャありジオラマあり絵本あり疑似運転席あり、子供がめいっぱい遊べるようになってる。
f:id:myusha128:20150611145722j:plain
↑こんな車掌コスプレ?で写真だって撮れちゃう。
アイドルの一日車掌気分♪
 
直島自体は、GW真ん中でお天気も回復したこともあって、どこも混んでた。地中美術館は整理券配布で3時間待ち、中に入っても20〜30分並ぶという状態。
でも島の中いたるところにアートを楽しめるところがあってのんびり散歩でも十分楽しめる。
f:id:myusha128:20150611145748j:plain
↑は直島のシンボルとも言える赤カボチャ。中に入れるなんて知らなかった。意外にここ、子供に好評。中に入ると少し暗くて声が反響して、ちょっとした非日常に興奮したのか娘は奇声を上げて走り回ってた。
 
今回はちょっとアウトドア気分を取り入れたかったのもあってモンゴル式パオに宿泊。中は意外に広くてなかなか快適。エアコンがなくてガスストーブがあり、夜は意外に冷えたのに娘は布団をかけてくれないので夜少しガスストーブを使うことになった。5月なのにね。
f:id:myusha128:20150611145857j:plain
パオのまわりは緑地になってて、目の前に海と砂浜もある。朝娘はここでめいっぱい散策、散歩を楽しんだ。ふだん家ではEテレやDVDに子守りさせてしまうことが多いけど、そういうのなしで自然だけという環境もたまにはいいね。
 
帰りが遅くなると面倒なので2日目は昼過ぎにフェリーに乗って帰途についた。ほんとはもっとゆっくり散策していろんなところ見たかったけど時間がなく、駆け足で家プロジェクトを見て回っただけ。でも自然や生活にとけ込んだ独特なアートを色々見ることができたのでよかった。
f:id:myusha128:20150611150025j:plain
直島が子連れ、赤ちゃん連れで行きやすいところかどうかと言うと、車があればまぁ出かけやすいかなという印象。うちは車なしだったので移動はバスに頼ったけど、100円バスとかベネッセアートセンターを通る無料バスとかもあるのだけど混んでるとベビーカー&子連れでは乗りにくかったりで、うちは何キロか歩いた。ちょうど娘がベビーカーで昼寝してる時間で、天気も爽やかだったからまだよかったけれども、暑い日や雨の日なら相当厳しい思いをしたと思う。
でもわかりやすい子供向けサービスがないお店でも店員さんがすごく気遣ってくれたり、親切に色々教えてくれたりしたので、人のあたたかみに触れられてよかった。
 
 
※記事のタイトルがあたかのこだまプラレールカーで直島まで行っているかのようで誤解を招きそうですが実際は、こだまで広島から岡山へ移動し、岡山からローカル線を乗り継いで宇野港へ行き、そこからフェリーで直島というルートです。